協同インターナショナル機械部
畜産器具器材(養豚、酪農、養牛)に関する情報発信しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
分娩母豚の給餌管理
 この度は、新製品の分娩房フィーディングシステムを紹介させて頂きます。

分娩房フィーディング

この給餌システムにより、分娩母豚の個体コンディション毎に「給餌量」と「給餌回数」を自由に設定出来き、1日24時間自動給餌が行えます。

主な特長は、下記の通りです。

◎ 給餌回数を細分化することで、豚が餌を食べ易く、授乳期の食下量、泌乳量、離乳後の発情再帰に良い影響を与えます。

◎ 一日当りの飼料摂取量と共に、飲水量の増加も促します。一回当り給餌量を少なくすることは、食べ残しや、過食の防止を促します。

◎ 泌乳量の増加を促し、ボディコンの損失を減らすことによって、子豚の発育に良い影響を与えます。

◎ 給餌量と給餌回数の設定および調整は、中央のパソコンまたは、タブレットなど携帯端末を使って簡単に行えますので、省力化を図れます。


ご検討下さい。

協同インターナショナル機械部
スポンサーサイト
copyright © 2017 協同インターナショナル機械部 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。