協同インターナショナル機械部
畜産器具器材(養豚、酪農、養牛)に関する情報発信しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豚価低迷
いつまで続くのか。

平成23年度 豚枝肉価格の推移


協同インターナショナル機械部
スポンサーサイト
豚肉価格の推移(1980年-2012年)
こんにちわ。

このようなデータを見つけました。

このサイトには他にもいろいろなデータが紹介されていています。例えば、世界のビッグマックの値段とか(笑)

協同インターナショナル機械部
酪農データ(H23年2月)
こんにちわ。

酪農業の動向データです。

なお、2月1日現在の農林水産省「畜産統計」から抜粋させていただいております。


【乳用牛の飼育頭数と飼育戸数の推移】

乳用牛の飼育頭数と飼育戸数の推移

北海道  7500戸(前年比2.5%減)
都府県  1万3500戸(同5.6%減)
関東・東山  4300戸(同5.3%減)
東北  3370戸(同4.3%減)
九州  2050戸(同6.4%減)

宮崎県 1万3800戸(同13.8%減)とかなり減少し、口蹄疫の発生による影響大です。


協同インターナショナル機械部
養豚データ(H23年2月)
こんにちわ。

養豚業の動向を知る上で、このようなデータは参考になります。農林水産省「畜産統計」から抜粋させていただいております。


【豚の飼養動向】

豚の飼養動向


※肥育豚1~299頭の小規模な農家戸数の減少が目立っています(-17.1)。母豚の頭数が減少しています(-3.7%)。


【飼養頭数上位10道県】

飼養頭数上位10道県



※千葉県は1戸当たり飼養頭数が30%近く増加しています。茨城県と順位が入れ替わっています。

宮崎県の減少は口蹄疫発生による影響大です。


協同インターナショナル機械部
copyright © 2017 協同インターナショナル機械部 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。