協同インターナショナル機械部
畜産器具器材(養豚、酪農、養牛)に関する情報発信しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母豚:種付け数日後の群への導入
smeenk farm

こんにちわ。

EUでは2年後にストールの使用禁止が控えていますが、実際のところ、国によってまだ準備や計画さえ出来てないところもあると聞きます。しかし、オランダではすでに農家戸数の8割程は群飼システムを導入済みです。残りの2割は未導入ですが、その1/3は2012年までには廃業する可能性があります。そして、新しい飼養に対して多くの試みが行われています。新しいアニマルウェルフェア条例では、種付け後、4週間ストール飼いし、群へ入れてから分娩予定1週間前に分娩舎へ移動させるというのがルールとなっています。

しかし、オランダは4週間のストール飼いをなくし、種付け4日後の群飼を開始するというEUルールよりさらに厳しいルールを作っています。

記事:PigProgress:Mixing sows into groups only days after AI


オランダSmeenk農場ではそのルールに従って母豚を種付け数日後の群飼を実施していますが、うまく機能しているとの報告です。

農場プロフィール:
オランダGP農場(飼料メーカーの試験農場としても機能)
2008年 250頭から1000頭へ増頭
オーナーHennie Smeenk(50才)
畜舎毎に長靴を履きかえるなど、バイオセキュリティを徹底している。
更新豚はTopigs 20。雄豚はピエトレン

繁殖成績:
◎2010年 母豚一頭当りの年間離乳頭数31.2頭を達成。
◎母豚一頭当りの年間産子数35.8頭。平均腹数14.4頭。現在の哺乳中の事故率12.3%を、10%まで引き下げることを目指している。

◎年間分娩腹数2.48。成績目標をしっかりと掲げている。
施設の特長としては、分娩へ移動の際に母豚の体を洗う通路を設けている。12頭収容スペースがあり、洗浄に要する時間は5~10分間。

◎ペン当たり約50頭のバッチ群飼。種付け後2~3日(長くても3~5日)後に群へ入れている。
群へ入れてからのケンカで流産(着床しない)が懸念されていましたが、実際のところ問題となってはいない。ギルトのESFへのトレーニングは交配ストール後方にて行っている。

妊娠前期は産子数の面で重要とのことで、種付け最初の4週間はストール飼いすることになっていますが、最近のWageningen 大学研究センター(WUR)の研究によれば、この方法が産子数や活気への影響はなく、ギルトおよび妊豚の管理が重要な要因との報告がありました。

2010年「繁殖豚の生理学に関するテーマ」の発表の中でWageningen大学の繁殖研究専門のNicoline Soede博士は次のように述べています。

種付け後4日目(遅くとも6日目、7日目には)は胚芽が子宮へ向って移動します。7日目~11日目に胚芽が子宮角上で分裂し、11日目には受胎(着床)を始めます。最初の月に胎芽が死滅する恐れがあります。しかしながら、胎芽の死滅には多くの要因があります。例えば、「受精卵の質」、「子宮の質」、「受精卵の同質性」、「子宮の容積」、「母豚の体重減」、「ストレス」および「妊娠前期の栄養」など。種付け後14日目に母豚を群へ入れると離乳率が下がりますが、種付け後2日目に群へ入れることは問題になりませんが、上記を考えると、5日目と25日目の間では母豚は隔離するべきです。結論として、母豚を群へ入れる際はストレスになりますが、スペース不足や喧嘩のような他のストレス要因を省けば、必ずしも繁殖問題に繋がりません。

種付け数日後に群へ入れることが特に繁殖成績に影響をあ与えないということは、最低限のストール台数で済みますので、大きな経費削減になるということになります。

母豚群飼システム「ベロス」をご検討下さい。


協同インターナショナル機械部
スポンサーサイト
養豚に音楽アリですかナシですか?
blodwyn pig

こんにちは。

いち早く何か役立つ情報をお伝えできればと思い、いつも購読してるウエブ版PIG PROGRESSからの記事をご紹介させていただきます。


今回は同誌の記者ブログから、これです。

タイトルは「オランダ歌手で母豚が発情」!


以下、内容です。

豚は音楽が好き。よく知らている事実。
しかし、特定の歌手が母豚の発情に顕著な影響を与えるということはあまり知られていない。最近、あるオランダの養豚家はオランダの歌手Jan Smitの歌によって彼の母豚たちが発情することを発見した。豚舎内でJan Smitの歌を聴かせた母豚の異なる様子に気付いたからである。母豚がより良い種付け体制になり、精液がより早く注入出来き、結果、再発が少なかった。このことで今、この養豚家は産子数のアップさえも期待している。イタリア歌手でも同じ効果あるでしょうか?アフリカ民族音楽やアルゼンチンタンゴはどうでしょうか?お試しあれ!



ほ~っ、なるほど。その歌や音楽の周波数に関係があるのでしょうか。

日本では、まず今試すとしたらAKB48や韓流歌手でしょうか?(笑)

ストール舎ではポップス、妊豚舎ではクラッシク、子豚舎ではアニソン、肥育舎でロックなんて使い分けもありかもです。

試すか試さないかは貴方次第!(笑)

ご検討下さい。

協同インターナショナル機械部
copyright © 2017 協同インターナショナル機械部 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。